上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PB200794_20091120052619.jpg
DT770 PRO/80

形式 :ダイナミック・密閉型
周波数特性:5~35、000Hz
感度:96dB
インピーダンス:80Ω
許容入力:100mW
歪率:0.2%以下
ヘッドバンド側圧:3.5N
遮音性能 :18dB(A)
ケーブル:ストレート/3m
プラグ:3.5mm(ミニ)
質量:270g
付属品:6.3mm(標準)アダプタ

レビュー:俺の愛器、俺がヘッドホンオタになったきっかけ。ちなみに糞イヤホンとか糞ヘッドホンとかしか使ったことない奴が踏み入れると世界が変わる程素晴らしい音質です^^
21000円



PB200795.jpg
KORG/D3200

■32chハードディスクレコーダー
■感覚的にノブを操作するだけで簡単に1曲分のドラム・トラックが作成できる「セッション・ドラムス」機能を搭載。
■内部処理最大69bit、録音再生24/16bit、サンプリング周波数48/44.1kHz非圧縮録音方式を採用したレコーダー・エンジンをバーチャル・トラックを併用し、最大272トラックの録音が可能。また、デジタルならではの高度な編集機能を搭載。
■12チャンネルのアナログ入力により、バンドなどの多チャンネル同時録音が可能。ギタリストに便利なギター専用入力端子も装備。
■HD容量:80GB
■最大同時再生トラック数:32
■最大同時録音数:16
■対応サンプリングレート:44.1kHz/48kHz
■量子化ビットレート:16bit/24bit
■最長録音時間:119時間(16bit44.1kHz時)
■メトロノーム/ドラムパターン数:660
■CD-R/RW機能搭載
■USB2.0 対応:D3200 では、PC連携用のPC(USB)ドライブとして2/4/8Gbyte までの領域をハードディスク内に自動的に確保します。この領域を介してUSB 接続したDAW との間でWAVE データのインポート/エクスポートができ、システム・データのロードにも利用できます。
■他のコルグDシリーズ(D12、D16、D1200、D1600、D1200mkII、D1600mkII、D32XD、D16XD)でバックアップしたデータも読み込み可能です。
■MIDI機能:ミキサー・コントロール、エフェクト・コントロール、MMC送受信、MTC送受信、MIDI Clock送信
■信号処理:44ch(レコーダー32ch、Sub in 12ch)
■バス:12バス(Eff Send 2バス、AUX 2バス、SOLO 2バス(ステレオ)、CUE 2バス(ステレオ)、MASTER 2バス(ステレオ)、MONITOR 2バス(ステレオ))
■イコライザー:レコーダーCH1~24=4バンド・フル・パラメトリックEQ、レコーダーCH25~32=2バンド・シェルビングEQ、サブ・ミキサーCH1
~12=2バンド・シェルビングEQ:マスター・トラック=4バンド・フル・パラメトリックEQ
■シーン・メモリー:1ソングにつき100シーン
■オートメーション:ダイナミック・オートメーション(フェーダー、パン、チャンネル・オン/オフ、センド、エクスプレッション・ペダル)
■エフェクト構成:インサートx8(最大)、マスターx2(最大)、ファイナルx1(すべて同時使用可)
■エフェクトプログラム:プリセット128、ユーザー128、ソング32
■入力端子:XLR(+48Vファンタム電源対応)TRSフォン(1-8)、TRSフォン(9-12)、GUITAR INPUT、S/PDIF(オプティカル)
■出力端子:マスターアウト(TRSフォン)、モニターアウト(TRSフォン)、AUX1/2(TRSフォン)、S/PDIF(オプティカル)
■寸法:547 (W) x 371 (D) x 115 (H) mm(突起部含む)
■重量:7.8kg
■付属品:電源コード

レビュー:でかい!使いにくい!機能多すぎ!しかしこれほど便利なMTRねえんじゃねえの?ってくらいクオリティ高い。俺が使うと駄目になる人を選ぶ機材。
140.000円
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eternal0insanity.blog104.fc2.com/tb.php/64-ee56a6b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。