上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0003.jpg

うぉおおおおおお!!!!男の浪漫ロボゲーktkr!!!1111


「じぶんちゃんいきまーす!」


~大まかなあらすじ~

199X年、世界はグングニールのに包まれた。
0012.jpg

だが人類は死滅していなかった。
0014.jpg

世界はAIと旧人類が対立する形になっていた。
0013.jpg

そんな中、ある仮想空間にエロを求め行き倒れ寸前の青年が現れる。

彼の名はじぶん

じぶんは警戒した村人達に牢に入れられるが、そこでシュミクラムという機体、そしてエージェントという少女に出会う。

やがてじぶんは仮想区間に侵攻してきたウイルスをたった一人でうち破り、機体カゲロウと共に灰色のクリスマスを止める旅に出ていくのだった。



0002.jpg

ザクとはちがうんだよザクとは、どっちかっていうと某ゾイ…うわなにするy(

戦闘用電子体シュミクラム発動!!!トラップカード「これなんてアーマードコア?」を置いてターンエンドだ!

0001.jpg

すごく…超合金です…///  ちなみにこの胴体がぱかっと開いてビー玉で攻撃しますうそ

バルドスカイは自分の機体に自分で技やコンボを開発&組み込んでいくというとてもやり込み要素の高いシステムとなっております。

0005.jpg
0006.jpg
おお…なんというカスタムロボ…

今作の主人公とヒロイン

0010.jpg

二人の運命は灰色のクリスマスという日を境にくるくると…狂狂とすれ違っていくのである…
主人公 門倉 甲 は傭兵として灰色のクリスマスの原因究明の為独自に謎に迫っていくのだが…

こんな超絶金髪美人さんに助けてもらったり
0011.jpg

だらけの謎の少女が現れたり
0016.jpg

動物と人間の突然変異が生まれたり…
0004.jpg


待ちうける衝撃の事実

明かされる不可解な謎

―すべてを思い出せ―


↓以下レビュー&感想
これはネ申ゲー




DIVE1では主人公達の成り立ちやなりそめを上手く描写して読者の心を掴んで離さない。
次第に「このあとどうなるんだ?」 「え?…まさか…でも、どうして?」
など主人公に感情移入しやすい表現になっているのでストーリーにのめり込める。
なんといっても素晴らしいのは絶妙のタイミングで入る戦闘
これによってあたかも自分が物語りの参加者になったような高揚感に導かれる。
全体的にシリアスな雰囲気だが各キャラの心理描写が見事で尚且つ
熱いシナリオとの相乗効果で圧倒的スケールの感動に終始胸をうたれる。




DIVE2ではDIVE1での伏線を回収+予想の斜め上のストーリーになりどんどんと物語に引き込まれる。
各章が進んでいくにつれ謎が明らかになっていく仕様になっていてワクワク感が半端じゃない。
信頼…愛情…情熱…哀愁… 凄い心を動かされた結末 泣いた。久しぶりに枕濡らした
戦闘パートも新しい技や操作性が格段によくなったりでDIVE1でもどかしかった部分が無くなった。
燃えゲーのパイオニア、主人公とヒロインを応援したくなる、これほど各ヒロインや主人公に幸せになって欲しいと思う作品はなかなか無いと思います。








だけどこの神ゲー、ただひとつだけ―許せなかった部分があります。




























主人公モテすぎ、氏ね

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eternal0insanity.blog104.fc2.com/tb.php/121-c6d7b629
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。