上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無題


厨ニ病枠全開のエロゲキタ――(゚∀゚)――!!

暗黒微笑真っ青な展開でお送りします(^ω^)

まず主人公件周りを含めて登場する人物全てが普通じゃないですW
吹っ飛びすぎててこれはこれでありだと思いますです!!!
※自分ちゃんは目から血を流すのに心を打たれて購入しました。


俺の右手が…疼いてやがる…



妙さん
妙



┌┴┐┌┴┐┌┴┐ -┼-  ̄Tフ ̄Tフ __ / /
  _ノ   _ノ   _ノ ヽ/|    ノ    ノ       。。
       /\___/ヽ
    /ノヽ       ヽ、
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ
    | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl  
   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ

ヒロイン箇条第一項目:7つの大罪の一つであるタブーを何人なりとも冒してはならぬ
私にはこのという物が汚い物にしか見えなかった…それは何故か?
金のため?生きるため?何のため?_知ったことか、生理的嫌悪って奴だ。
自分をすべからくする物には反吐がでる、だから苛々しながらただヒロインを眺める事になった。
いや、可愛いよ?妙さん可愛いよ?可愛いから…それが何だっていうの?
守るべきもののない慈しむ心のない○糞○○○野郎に愛も何もあったもんじゃねー!
冒涜を犯し一線を越えたヒロインなんてただのダッチワイフと変わりねーんだ馬鹿野郎ー!!!1111

(キャラは悪くない…キャラは悪くないんだ…設定がオカシイんだ、狂ってるんだ、その前提は…あってはならぬ)



あってはならぬ!!!!!11111




アリア
無題

相対する自分自身と戦う健気な子
自分自身にとっての壁、願いと対を成す物を映し出して
それはこういう物なんだと諭してくれる
お話だった。
ツンデレでデレ成分多目の可愛い娘。
ちょっとあほな所がチャームポイント…?いい味だしてますフヒヒ



リディア
er.jpg

ロリコンホイホ━━━━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━━イ!!
ょぅι゛ょつよい…ょぅι゛ょ
メンヘラ幼女怖い、可愛い、か弱い。
黄金の3K、さすがあざとい、あざといよリディア
だが…いちいちお前の説明は遠回り過ぎて…(#^ω^)ピキピキ(テキスト見てイラついたのは初めてだったよ私)
だんだんその苛々が「あれ…?ムカついてたのにこの天使の表情見てたら…あれ…?」と親心を知るきっかけになった自分ちゃん…
心を知った、教えてもらった、理解した、その瞬間からリディアはRe:dearとなれたのだから。
最後…最っ高に泣かせて貰った。また一つ感動というものを与えてくれた。泣いた!泣いたよぉぉぉおおおお!!!
永遠もなければ失ったものも戻らない。だけど残せるものはきっと…あるんだよ

ウメ
nj_20120615133605.jpg
ウメはらがぁー画面端ー追い込んでーバーストがぁーまだ入るぅぅううう!!!!111
私はウメというキャラが好きになれない、何故なら自分と似ているから。
―私にとって『いつか』は『今』
  『どこか』は『ここ』
    『誰か』は_『誰か』なんて―

この√作ったライター絶えてください…
長すぎるし苦痛だし何よりウメというキャラをシナリオで埋もれさせ個性を殺したのが許せん。



シナリオ
全体を通して自分という自身に対しての比喩が多かった気がする。
もしも、そのとき、たとえば、だけど。
こんな場面に直面した時に感ずるものは何か、それを上手く体現させていた構成でした。
ただ、非現実過ぎてのめり込める感情移入や思い入れが少しできなかったのが残念…かな?
しかし立ち絵が常に動くというアイデアは素晴らしいものだと思った。
キャラクターに躍動感が生まれ愛着も湧く。さらに動いていること即ち
魂を吹き込まれたかのような感覚も味あわせてもらったからだ。
長すぎるシナオリとテキストは最後のオチの為の伏線だったという訳か…。
愛や情は時間と共に湧いて育まれていくものなのかもしれないね。


全プレイを終えて思ったのが『励まされた』というか『激励』されたというか…
この作品には 応援 させて貰いました。

―前に進め―
揺り篭より天使まで
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。